プレゼントにフォトブックを贈ろう!

写真を形に残すことの大切さ

スマホやデジカメの普及により、誰でも気軽に写真が撮れる時代になりました。しかし、大量に写真が撮れるようになったことで、お気に入りの写真を選別したり、プリントしてアルバムに写真をしまっておくという習慣が無くなったりという人もいるでしょう。写真が日常的に撮れるようになったのは素晴らしいですが、それによりフィルカメラが流行っていた頃よりも写真を現像、プリントする機会が減っています。 写真をスマホに何百枚、何千枚と保存していると、どれが大切な写真か分からず、見返す時に非常に時間がかかり不便です。何よりスマホやデジカメを紛失したり、壊れたしまったりしたら写真データを失い、お気に入りの写真データが消えてしまうこともあります。スマホやデジカメが流行っているからこそ、お気に入りの写真を形にすることが大切でしょう。

フォトブックはプレゼントに最適

簡単に写真が撮れる時代になり、写真を形にする人が減ったのでアルバムを持っている人は少ないはず。そのため、プレゼントにフォトブックを贈ると色んな人に喜んでもらえる可能性大です。素敵なフォトブックを送ることで「もっとフォトブックが欲しい」と、写真を形にする大切さを知ってもらうきっかけになることもあります。 フォトブックを作るために大事なことは、テーマを決めること。ただ単に素敵な写真を選んでフォトブックを作るのではなく、「結婚式」「旅行記念」「還暦祝い」などテーマを決めれば写真選びがしやすくなりますし、プレゼントに適したフォトブックが完成します。プレゼントで相手によりたくさん喜んでもらうためには、「相手がどれほど自分のことを思ってくれているか」「世界に一つだけのもの」ということが大切になるのではないでしょうか。フォトブックはこの2つの条件を満たしており、相手に気持ちが伝わるプレゼントになります。